トップ  > サーバ設定:運用  > 各アプリケーションのインストール  > メール自動返信機能導入(Vacation)

メール自動返信機能導入(Vacation)  (最終更新日:2011/08/05)

Vacation Mail Responderを導入して、受付完了メール等定型メッセージを自動的に返信できるようにします。

Vacationインストール

[root@sv ~]# yum install gdbm-devel ← Vacationインストールに必要なgdbm-develインストール

[root@sv ~]# wget http://optusnet.dl.sourceforge.net/sourceforge/vacation/vacation-1.2.7.0.tar.gz ← Vacationダウンロード
※最新版はこちらで確認。(2011/08/05時点。vacation-1.2.7.0.tar.gz)

[root@sv ~]# tar zxvf vacation-1.2.7.0.tar.gz ← Vacation展開

[root@sv ~]# cd vacation-1.2.7.0 ← Vacation展開先ディレクトリへ移動

[root@sv vacation-1.2.7.0]# vi Makefile ← Makefile編集
MANDIR          = $(PREFIX)/man/man
↓
MANDIR          = $(PREFIX)/share/man/man ← manインストール先ディレクトリを変更

[root@sv vacation-1.2.7.0]# make install ← Vacationインストール

[root@sv vacation-1.2.7.0]# cd ← カレントディレクトリへ戻る

[root@sv ~]# rm -rf vacation-1.2.7.0 ← vacationディレクトリを削除

[root@sv ~]# mv vacation-1.2.7.0.tar.gz app/ ← ダウンロードしたファイルは念のため保存

Vacation設定

sendmailでは、SMRSHにより.forwardで実行できるコマンドが制限されているので、vacationを.forwardから実行できるようにします。

[root@sv ~]# ln -s /usr/bin/vacation /etc/smrsh/vacation ← /usr/bin/vacation から/etc/smrsh/vacationへのリンク作成

メール自動返信設定

メールを受信したら自動返信したいユーザで作業すること(ここでは、ユーザをuser_mとします)

1.メール自動返信設定
[user_m@sv ~]# echo "\\$USER, \"|/usr/bin/vacation $USER\"" >> .forward ← メール自動返信設定を~/.forwardへ追加

[user_m@sv ~]# chmod 600 .forward ← ~/.forwardのパーミッション変更
2.自動返信メール作成
[user_m@sv ~]# vi .vacation.msg.org ← .vacation.msg.org新規作成
Subject: 自動返信メール件名
From: user_m@example.jp

自動返信メール本文

[user_m@sv ~]# nkf -j .vacation.msg.org > .vacation.msg ← .vacation.msg.orgをJISコードへ変換

Vacation確認

user_m宛にメールを送信して、以下のようなメールが返信されてくることを確認します。

メール件名:自動返信メール件名

メール本文:自動返信メール本文

メール自動返信設定解除

メール自動返信設定を解除する場合は、.forwardファイルを削除すればOKです。

[user_m@sv ~]# rm -f .forward ← forwardファイルを削除