トップ  > サーバ設定:運用  > 各アプリケーションのインストール  > MySQL用GUI設定ツール導入(phpMyAdmin)

MySQL用GUI設定ツール導入(phpMyAdmin)  (最終更新日:2011/08/03)

phpMyAdminを導入して、MYSQLの操作をWebブラウザ上から出来るようにします。

Webサーバ構築(Apache)+PHPデータベースサーバ構築(MySQL)が導入されていること。

phpMyAdminインストール

1.phpMyAdminインストール
[root@sv ~]# wget http://downloads.sourceforge.net/project/phpmyadmin/phpMyAdmin/3.4.3.2/phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz?use_mirror=jaist ← phpMyAdminダウンロード
※最新版はこちらで確認。(2011/08/03時点。phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz)

[root@sv ~]# tar zxvf phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz ← phpMyAdmin展開

[root@sv ~]# mv phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages/ /var/www/phpmyadmin ← phpMyAdmin展開ディレクトリを所定の場所へリネーム移動

[root@sv ~]# mv phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz app/ ←  ← ダウンロードしたファイルは念のため保存
2.php-mysqlインストール

phpMyAdminはPHPで動作する為、PHPからMYSQLへアクセスする為のphp-mysqlをインストールします。

[root@sv ~]# rpm -q php-mysql ← php-mysqlインストール確認
パッケージ php-mysql はインストールされていません。インストールされている場合は飛ばして設定に進んで下さい

[root@sv ~]# yum install php-mysql ← php-mysqlインストール

phpMyAdmin設定

1.phpMyAdmin設定
[root@sv ~]# cp /var/www/phpmyadmin/config.sample.inc.php /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← サンプル設定ファイルをコピー

[root@sv ~]# chmod 660 /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← 設定ファイルのパーミッションを変更

以下ランダムなパスワードを生成する部分は自分で入力できる場合は、飛ばして設定ファイル編集へ進んで下さい。
[root@sv ~]# yum install expect ← mkpasswdコマンドインストール

[root@sv ~]# mkpasswd -l 46 ← ランダムな46桁の文字列を取得
prhxtXwkgdBh7ytcqijhnudbuvtuh!wbmdlthwxoercho2 ← ランダムな46桁の文字列(後ほど利用します)

mkpasswd補足
-l 数字 パスワードの長さを指定(デフォルトは9)
-d 数字 パスワードに含める数字の数を指定(デフォルトは2)
-c 数字 パスワードに含めるアルファベット(小文字)の数を指定(デフォルトは2)
-C 数字 パスワードに含めるアルファベット(大文字)の数を指定(デフォルトは2)
-s 数字 パスワードに含める特殊文字の数を指定(デフォルトは1)
-2 パスワードが、右手と左手で交互に入力される文字配列にする

[root@sv ~]# vi /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← 設定ファイル編集
/*
 * This is needed for cookie based authentication to encrypt password in
 * cookie
 */
$cfg['blowfish_secret'] = ''; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
↓
$cfg['blowfish_secret'] = 'prhxtXwkgdBh7ytcqijhnudbuvtuh!wbmdlthwxoercho2'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */ ← mkpasswdコマンドで作成されたものを入力
ログイン時のパスワードを暗号化する際に使用するもので、ユーザが入力しないのでランダムであれば何でもOKです。

/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie'; ← 認証モードが「cookie」であること

$cfg['Lang']     = 'ja-utf-8'; ← 追加(日本語化)
/*
 * End of servers configuration    ←  End of servers configurationとあるコメントの上に追加
 */

[root@sv ~]# chown -R root.apache /var/www/phpmyadmin/ ← phpMyAdminの所有者を変更
2.Apache設定
[root@sv ~]# vi /etc/httpd/conf.d/phpmyadmin.conf ← phpMyAdmin用Apache設定ファイル作成
Alias /phpmyadmin /var/www/phpmyadmin
<Location /phpmyadmin>
    SSLRequireSSL
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from 192.168.0 ← 内部ネットワークアドレスを指定
</Location>

[root@sv ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Apache設定反映
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]

phpMyAdmin確認

https://サーバー名/phpmyadmin/へアクセスして、phpMyAdminのログイン画面が表示されること

MySQLに登録されているアカウントでログインできることを確認

WebブラウザのCookie機能を有効にしておくこと

※ログイン画面に以下のようなエラーが出る場合

RPMforge+EPELリポジトリが導入されいない場合こちらを参照してインストールします。

[root@sv ~]# yum install php-mcrypt ← php-mcryptインストール

[root@sv ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Apache設定反映
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]

再度アクセスしエラーが出ないことを確認