トップ  > サーバ設定:運用  > 各アプリケーションのインストール  > 携帯用Webmailシステム構築(WebMailClient2 for Keitai)

携帯用Webmailシステム構築(WebMailClient2 for Keitai)  (最終更新日:2010/08/07)

携帯電話よりi-mode等(CHTML受信が可能なもの)でサーバ上のメールを読み書き出来るウェブメールクライアントのWebMailClient2 for Keitaiを導入します。

メールサーバ構築(sendmail+Dovecot)Webサーバ構築(Apache)Webサーバ間通信内容暗号化(mod_ssl)が導入されていること。

※受信メールサーバはIMAPが使えること

WebMailClient2 for Keitaiインストール

[root@sv ~]# mkdir /var/www/wm_keitai ← インストール先ディレクトリ作成

[root@sv ~]# cd /var/www/wm_keitai/ ← インストール先ディレクトリへ移動

[root@sv wm_keitai]# wget http://www.ln-lab.net/lunar-night.lab/dl-wm_keitai/lang-ja -O wm_keitai.tar.bz2
※最新版を自動でダウンロードしますが、こちらで確認できます。(2011/08/07時点。wm_keitai2_3_8_12.tar.bz2)

[root@sv wm_keitai]# tar jxvf wm_keitai.tar.bz2 ← ダウンロードしたファイルを展開

[root@sv wm_keitai]# mv wm_keitai.tar.bz2 ~/app/ ← ダウンロードしたファイルは念のため保存

[root@sv wm_keitai]# cd ← カレントディレクトリへ戻る

[root@sv ~]# chmod 755 /var/www/wm_keitai/*.cgi ← パーミッション変更

[root@sv ~]# chmod 666 /var/www/wm_keitai/conf/wm_keitai_sys.conf ← パーミッション変更

[root@sv ~]# chmod 666 /var/www/wm_keitai/conf/wm_keitai_access.conf ← パーミッション変更

[root@sv ~]# chmod 777 /var/www/wm_keitai/sysdata/ ← パーミッション変更

[root@sv ~]# chmod 777 /var/www/wm_keitai/sysdata/{auth,iptemp,logs,tmp} ← パーミッション変更

[root@sv ~]# chown -R apache:apache /var/www/html/wm_keitai ← wm_keitaiディレクトリの所有者をapache実行ユーザへ変更

[root@sv ~]# vi /etc/httpd/conf.d/wm_keitai.conf ← WebMailClient2 for Keitai用Apache設定ファイル作成
http://サーバー名/wm_keitai/へのアクセスを/var/www/wm_keitai/へのアクセスとし、CGIの実行を許可する
ここから----------
Alias /wm_keitai /var/www/wm_keitai
<Location /wm_keitai>
    Options ExecCGI
</Location>
<Location /wm_keitai/sysdata>
order deny,allow
deny from all
</Location>
<Location /wm_keitai/conf>
order deny,allow
deny from all
</Location>
----------ここまで

[root@sv ~]# /etc/init.d/httpd reload ← Apache設定ファイル反映
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]

WebMailClient2 for Keitai設定

https://サーバー名/wm_keitai/wm_keitai_conf.cgiへアクセスします。

「認証設定」を押下

任意のパスワードを「Password」、「Password(確認)」に入力して「決定」を押下

「更新完了」が表示されるのを確認し、「システム設定」を押下

認証設定で設定したパスワードを「パスワード」に入力して「ログイン」を押下

「パスワード入力:」の、「直接表示」を選択

「Matrix表示を利用する:」の、「有効」のチェックを外す

「IMAP送信済みボックス:」に、「Sent」と入力

「IMAPゴミ箱ボックス:」に、「Trash」と入力

「IMAP草稿ボックス:」に、「Drafts」と入力

「IMAP送信済みを利用:」の、「利用する」をチェック

「IMAPゴミ箱を利用:」の、「利用する」をチェック

「ログインモード:」の、「簡易ログイン」を選択

「メールアドレス:」を空白にする

「名前フォーマット:」を空白にする

「デフォルトメールサーバー:」に、「localhost:143」を入力

「デフォルトSMTPタイプ:」の、「SMTP認証」を選択

「デフォルトMailServerタイプ:」の、「IMAP4」を選択

「メールコピー送信:」の、「送らない」を選択

「認証モード:」の、「携帯個体番号利用」を選択

「更新」を押下

「更新完了」が表示されるのを確認

WebMailClient2 for Keitai確認

1.初回ログイン

携帯電話からhttps://サーバー名/wm_keitai/wm_keitai2.cgiにアクセスします。(今回はFirefoxのアドオンである、FireMobileSimulatorを利用し動作確認をします。)

「名前」:携帯電話から送信したメールの送信者名として表示される名前

「メールアドレス」:携帯電話から送信したメールの送信元メールアドレス

「ユーザー名」:メールサーバ上のユーザ名

「パスワード」:メールサーバ上のパスワード

全て入力後、「ログイン」又は「5」を押下

「携帯電話/FOMAカード(UIM)の製造番号を送信します」と聞かれるので、送るメッセージを選択。(キャリアにより表示が微妙に異なる)

ログインできることを確認し「設定保存」を押下

表示されたページをBookmarkへ登録

2.2回目以降のログイン

Bookmarkからアクセスし、「再ログイン」を押下します。

「携帯電話/FOMAカード(UIM)の製造番号を送信します」と聞かれるので、送るメッセージを選択。(キャリアにより表示が微妙に異なる)

3.動作確認

・自分⇒自分にメールを送受信ができる。

・他のユーザとメールの送受信ができる。